イベント情報

2018年8月27日(月)

〜andonuts cafe #03 in Fujisawa〜

『シゴト』×『アソビ』×『ライフ』
職住近接という新しい女性の働き方を実現

ライフスタイルの変化があっても、自分のやりたい仕事を実現できる環境―。
職住近接の新しい「働き方」「働く場所」を、ここ藤沢で。

"&donuts"では、理想の働き方を実現するプロジェクトを一緒に立ち上げる仲間を募集しています。

仕事、結婚、転勤、出産。。。
様々なターニングポイントを乗り越えて、
理想的なワークライフバランスを実現したワーキングマザーの本音を聞いてみませんか?

andonuts cafe #03 in Fujisawa

【日程】9月21日(金) 11:00ー12:30
【場所】NEKTON FUJISAWA 南口店
    神奈川県藤沢市鵠沼橘1-17-11 順天ビル4F (地図
    (藤沢駅から徒歩3分)
    TEL 0466-47-8673

【概要】
 10:45 受付開始
 11:00 アイスブレイク
 11:15 トークセッション
 <テーマ>
 『職住近接という新しい女性の働き方を実現』
 <キーワード>
 #ワークライフバランス #ワーキングマザーの本音
 #キャリアビジョン #仕事と育児の両立 etc.

 12:15 写真撮影
 12:30 クロージング

参加費無料です
参加お申込みはこちら

イベント情報

2018年7月17日(火)

「自分が笑顔でいることが子どもの笑顔につながる」

&donuts project 交流トークイベントandonuts cafe #02 開催報告
「ママとして、女性として。一緒に語り合って少し先の自分をイメージしてみませんか?」

株式会社イノベーター・ジャパン(東京都・渋谷区、代表取締役社長:渡辺順也)が千葉県柏市・柏の葉にて取り組んでいる「&donuts(アンドーナツ)プロジェクト」が定期的に開催している、交流トークイベントandonuts café #02 「ママとして、女性として。一緒に語り合って少し先の自分をイメージしてみませんか? 」を2018年7月12日(木)に、31VENTURES KOILにて開催いたしました。

今回はゲストを呼ばず、&donutsメンバーと参加者とのグループトークを中心としたプログラムとしており、参加者は女性5名とお子様達と少ないながら、全員と濃い話ができる濃密な時間でした。
アンケートでも満足の声を多くいただき、「すごく元気が出た」との声もありました。
特にトークの中で出て来た「自分が笑顔でいることが子どもの笑顔につながる」という言葉に共感いただき、大変励みになりました。

イベントでは、最初にアイスブレイクで積み木自己紹介やヨガなどをし、心も身体もほぐしてから始まりました。
グループトークでは事前にいただいていた「幼稚園・保育園選び」や「週末や夏休みの過ごし方」などの質問について盛り上がりました。

カフェタイムを挟んで、&donutsメンバーそれぞれの視点からの「育児と仕事の両立」について話をし、家族との役割分担や子供中心からママ自身を大事にして生活する考え方など具体的なエピソードを熱く語りました。

イベント情報

2018年2月19日

ママの働きたい!がまた生まれました。

イノベーター・ジャパン &donuts project プレゼンツ
ママ向けトークイベント「andonuts cafe #01 新しい働き方、新しい子育て」

株式会社イノベーター・ジャパン(東京都・渋谷区、代表取締役社長:渡辺順也)が千葉県柏市の柏の葉にて取り組んでいる、「&donuts(アンドーナツ)プロジェクト」が2018年1月に活動1周年を迎えたことを記念し、ママさん向けトークイベント「andonuts cafe #01 新しい働き方・新しい子育て - イノベーターを生む仕掛けづくり 」を2018年2月7日(水)に、「31 VENTURES KOIL」のKOILサロンにて開催いたしました。

参加者は女性18名、男性1名の合計19名で、多くのお子様もご参加いただき、会場が埋まるほどの賑わいでした。イベントが終わった後も登壇者への質問が途切れず、和気あいあいとした雰囲気で大成功のイベントとなりました。

アンケートの回答も多く頂くことができ、来場者の満足度も非常に高い結果でした。 特に、「働くのを迷っていましたが、このイベントで働きたいと思うようになりました。」という素敵なお声もいただき、大変励みになりました。

イベントでは、4つあるトークセッションの一つめに、弊社代表取締役社長 渡辺 順也とままてぃ*1代表 篠原 晋寧氏が、働くママを応援する起業家同士の視点から、「人が集まるところに仕事を移す ー 職住近接の新しい働き方」についてディスカッション形式で行われました。職住近接の働き方のメリット/デメリットやそこから生まれるイノベーションを語られました。

次に、柏の葉にて子供達に向けて新しい環境づくりに取り組んでいるVIVITA*2のコミュニティマネージャー 小村 陽子氏より、「No カリキュラム, No ティーチャー 〜VIVITAの”環境”へのこだわり〜」と題して、大人が導くのではなく見守る環境の中で自由にマテリアルを使って制作をする子供たちの「心の変化」について、具体的な事例も交えてお話いただきました。小村氏自身も日々試行錯誤しながら新しい気付きを得ているとのことでした。

3つめのトークセッション「子供がアートと触れ合うMIXな在り方 ー ぐるぐるミックス」では、上野・谷中にて子供にアートを通じた表現をする機会を提供している谷中のおかって*3 ディレクター 富塚 絵美氏による、ぐるぐるミックスでの子供たちの在り方を語って頂きました。ぐるぐるミックスの場では、親と切り離されることで子供という役割から自由になり、思い思いに過ごすことで目には見えない成果を持ち帰っている、その得難い体験からイノベーターが生まれるかもしれないという示唆を頂きました。

最後の「KOIL / &donutsで働くホンネ ー 子育てママのIT奮闘記」では、&donutsプロジェクトメンバーであるママたち3名の本音トークが聞けました。お昼休みには自宅に戻って夜の支度やランチをしていたり、パパとの関係も良くなったなど素敵な話や、この働き方で綺麗なママでいられるという嬉しい本音まで飛び出しました。

*1: ままてぃ :http://mamatx.net/
つくばエクスプレス(TX)沿線で、もっと出かけよう!もっと楽しもう! もっと繋がろう! そう思っている、子育てするママたちを応援するサイトです。
*2: VIVITA :https://kashiwanoha.vivita.club/
千葉県 柏の葉キャンパス駅にある大型商業施設、T-SITE内に活動拠点 < VIVISTOP> を構える、小学生以上を対象としたクリエイティブ・コミュニティーです。子どもたちが < 創ってみたいモノ・挑戦してみたいコト > を 「好き」を仕事にしている大人たちがサポートし、一緒になって実現する活動を行う会員制クラブとして運営しています。
*3 谷中のおかって : http://okatte.info/
東京都台東区谷中地域を拠点に、各地でアートイベントの企画・運営・サポートをおこなう一般社団法人です。文化企画を通じて、世代をこえた人々や異なる習慣や価値観をもつ人々など、さまざまな人々と文化を共創する場作りを目指します。1年間を通して、子どもたち一人ひとりにとっての「あそび」の環境をじっくりと、ゆっくりと創り出す「ぐるぐるミックス」を主催しています。

【記事掲載】
このイベントは2018年2月8日「東葛まいにち」、2月9日「柏市民新聞」で記事掲載されました。

ニュース

2018年1月16日

株式会社イノベーター・ジャパンが千葉県柏市の柏の葉にて取り組んでいる「&donutsプロジェクト」が2018年1月16日をもって、活動1周年を迎えることとなりました。

職住近接のオフィスを実現し、子育て中のママたちのポテンシャルを引き出す、というテーマで取り組んでいるこのプロジェクトも当初3名から始めてより順調に増え、1月現在で8名のママさんが働いています。

職場に子供が来ても良い環境づくりをしており、学校帰りにそのままオフィスにきてママの仕事が終わるまで一緒に過ごすなど、当初のコンセプトを実際に実現しつつあります。この一年間の取り組みを通じて、職住近接の新しい働き方に対する必要性が改めて確認できましたとともに、気持ちを新たに取り組んでまいります。

また、1周年を記念してトークイベントも企画しておりますのでご期待のほどよろしくお願いいたします。

イベント情報

2017年3月8日

皆さまのお力添えのおかげで、「InnoCAFE#29 柏の葉で実現する女性のキャリアデザイン」を無事終了することができました。
改めて、天候の悪い中お越しいただいた参加者の方々へお礼申し上げます。柏の葉では第1回目となる、記念すべき日。

トークセッション中の熱い眼差し、そして、ワークショップで今後を見据えたキャリアプランを話す姿から、私たちもパワーをもらいました。
お母さんを応援するかのように、笑顔を見せたり、落ち着いた様子で同席してくれたお子様たちも印象深かったです。

私は2回の産休・育休を経て復職しましたが、子育て中のスキルも仕事に生かされています。時間制限の中で成果を出すこと、いつ休んでも仕事が滞らないように見える化しておくこと。
それをするために、フローを整えたり、チームでフォローしあえる体制をつくったりするのは、復帰後の方が上手にできるようになりました。というより、そうしないと仕事がまわらない、というのが実情ですが…。

家事をしながら子どもの世話をすることで、同時に複数のことをこなすスキルは上がりましたし、うまくいかないことがあった場合、他の方法を試すアイディアが豊富になったようにも感じます。
子育ては、親育て。

育ててあげているつもりが、私が成長させてもらっていることに気付かされる日々です。皆さんのWillが大輪の花を咲かせますように。私も自分の、そして、仲間や地域の方たちとの繋がりの中で、たくさんの輪(donuts)を重ね合わせていきたいと思っています。その中心には、幸せな社会や子どたもたちの明るい笑顔があると信じて!

最後に、このイベントを開催するにあたり、多大な協力をいただきました。登壇者のお二人、31VENTURESの方々、コミュニティーマネージャー様、チラシを設置にお力添えをくださった方々、ままてぃさん、ありがとうございました。何かをしたい、と思った時に、相談できるコミュ二ティーがあるKOILは、素敵な場所ですね。

【メディア掲載】

等身大のロールモデルから学んだこと。ママの働き方には正解なんてない!